ノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城の歴史と建築

おとぎ話にでてくるようなノイシュヴァンシュタイン城の実像

おとぎ話に出てくるような本物のお城をお探しなら、ノイシュヴァンシュタインがおすすめだ。この城はバイエルン・アルプスの緑の丘、ホーエンシュヴァンガウという小さな村にあり、塔、砲台、フレスコ画、玉座の間などがある。城からの眺めは素晴らしい。アルプスの湖とバイエルン最大の自然保護区を見下ろす。きっと息をのむことだろう。

ノイシュヴァンシュタイン城は、ドイツ・ロマン主義の象徴であり、19世紀のロマネスク・リバイバル建築の重要な例である。現在、ユネスコの世界遺産に登録されている。

ノイシュバンシュタイン城とリンダーホーフ城ツアー

ロマン派の象徴的な例。

ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)は、その塔、本格的な様式、砲塔がロマン主義様式の象徴的な例であり、バイエルンとドイツのシンボルとして認識されている。

ルートヴィヒ2世は、1867年に旅先で訪れたアイゼナハのヴァルトブルク城とピエールフォン城の2つの城からインスピレーションを受けた。この2つの城をモデルにクリスチャン・ヤンクが図面を作成し、建築家エドゥアルド・リーデルが建設を開始した。城はネオ・ゴシック様式として計画されたが、現在ではロマネスク様式の壮麗な建物として建っている。ルートヴィヒ王は300人以上の労働者を雇い、石油ランプを使って昼夜を問わず働き続けた。バイエルン城の建設には、近代的な技術しか使われていない。

狂王城の歴史

この城はバイエルン王ルートヴィヒ2世を体現している。この有名なバイエルン王は「狂王」として知られている。在位中の1869年、彼はノイシュヴァンシュタイン城の建設を夢見、命じた。ルートヴィヒ2世は幼少期をホーエンシュヴァンガウ城で過ごした。彼は生涯、うつ病と内気さに苦しんだ。父であるバイエルン王マクシミリアン2世が亡くなったとき、ルートヴィヒ2世はまだ18歳だった。即位後、ルートヴィヒ2世は公の生活から逃れる場所を作ろうと考えた。彼はホーエンシュヴァンガウの城跡に新しい城の建設を始めた。

王はノイシュヴァンシュタインの建設に最高の技術を用いたが、もはや宮廷は防衛的、戦略的な目的を持っていなかった。王はノイシュヴァンシュタイン城を3年で完成させる予定だったが、16年以上かかってしまった。残念ながら、ノイシュヴァンシュタイン城は完全に完成することはなかった。ルートヴィヒ2世は、夢の城の建設が終わるのを見届けることなく、1886年に謎の死を遂げたのである。ルートヴィヒ2世が亡くなってから、城の建設はストップした。殺害されたとか、自殺したとかいう噂もあるが、国王の死はいまだ謎に包まれている。ルートヴィヒ2世の死から7週間後、狂王城は一般に公開された。

ドイツの城
バイエルン州 ノイシュヴァンシュタイン

ノイシュバンシュタイン城の内部 - 白鳥の城

ご想像の通り、ノイシュヴァンシュタイン城の内部は外観に劣らず美しい。狂王城は彼の憩いのために建てられ、彼自身が城を改築した。ノイシュヴァンシュタイン内部には200以上の部屋があるが、完全に完成しているのは14の部屋だけである。部屋は荘厳な装飾が施されている。ワーグナーのオペラに触発され、特に詩人タンホイザー、白鳥の騎士ローエングリン、その父である聖杯王パルジファルという3人の登場人物が繰り返し登場する。白鳥はシュヴァンガウ村の純潔と墓のシンボルであり、多くの城のイメージに繰り返し登場する。

モダンなフェアリーテイル・キャッスル

ルートヴィヒ2世は、中世建築への愛着と最新の近代技術を組み合わせた。ノイシュヴァンシュタイン城の内部には、水洗トイレ、厨房の温水と冷水、セントラルヒーティングシステムがある。王はまた、食堂からエレベーターで料理を運んでくる使用人たちのために、電気ベルシステムと電話を自由に使えるようにしていた。ノイシュヴァンシュタイン城の内装は、当時の最新技術を駆使して設計された。

ノイシュヴァンシュタイン城の玉座の間

ビザンティン様式の教会は、城の玉座の間にインスピレーションを与えました。王は祭壇の代わりに玉座を置くことを望んだが、今日までノイシュヴァンシュタインの玉座の間に玉座が置かれることはなかった。王は自らを神と世界の間のとりなし手とみなしていた。このような彼の王としての解釈は、ドーム、星の面、そしてその下にある植物や動物で大地を表現した床のモザイクに見ることができます。

ノイシュヴァンシュタイン城のルートヴィヒの衣装部屋

楽屋全体は、紫色のシルクと豊かな金色で仕上げられている。王は詩に夢中だったため、部屋全体がハンス・ザックスやワルテル・フォン・デア・フォーゲルヴァイデの作品を描いた壁画で埋め尽くされています。

ノイシュヴァンシュタイン城 1日ツアー

おとぎ話にでてくるようなノイシュヴァンシュタイン城の実像

ノイシュヴァンシュタイン城の中で最も注目すべき部屋は、ルートヴィヒ2世の寝室である。部屋の中には、小川から新鮮な水を運ぶ銀メッキの白鳥の洗面台があります。ベッドはネオ・ゴシック様式のオーク材で作られています。座席は、白鳥、ライオン、王冠、バイエルンの紋章が描かれた青いシルクで覆われています。ワーグナーの崇拝者であるため、ライトモチーフとして『トリスタンとイゾルデ』の要素もある。

ノイシュヴァンシュタイン城についてもっと知りたいですか?今すぐガイドツアーまたはチケットをご予約ください!

ノイシュヴァンシュタイン城のベストビュー

ノイシュヴァンシュタイン城のベストビューは、クイーン・メアリー橋からの象徴的な眺めで、息を呑むほど美しい。この壮大な城の景色を見れば、まるで本物のおとぎ話の中にいるような気分になることでしょう。ノイシュヴァンシュタイン城の内部ではカメラの使用が禁止されているため、ここは城の写真を撮るのに最高の場所です。

ノイシュヴァンシュタイン城はいつから公開されているのですか?

ルートヴィヒ2世が亡くなった数週間後に、当局がノイシュヴァンシュタイン城を一般に公開した。建設にかかった費用は莫大であったため、当局は負債を回収するために城の一般公開を決定した。しかし、残念ながらノイシュヴァンシュタイン城は完全に完成することはなかった。

雪化粧のノイシュヴァンシュタイン

ノイシュバンシュタイン城に行くことにしたんですか?

ご来店前に必要な情報をお届けします。

一年を通して華やかで壮大なこのお城は、いつ訪れても後悔することはないでしょう。

遥かなる城

おとぎ話に出てくるようなノイシュヴァンシュタイン城の興味深い事実

  • 国王は幼い頃からリヒャルト・ワーグナーのオペラをこよなく愛していた。ワーグナーのキャラクターは、ノイシュヴァンシュタイン城内の多くの部屋、特に3階にインスピレーションを与えた。4階の歌手たちの間にも、ワーグナーのオペラのキャラクターが描かれている。ノイシュヴァンシュタイン城の「新白鳥城」という名前は、ワーグナーの有名なオペラ『ローエングリン』(白鳥の騎士を主人公としたオペラ)に由来していると言われている。
  • ノイシュヴァンシュタイン城のもうひとつの興味深い事実は、この城がウォルト・ディズニーにインスピレーションを与えたということである。それでも、ウォルト・ディズニーのおとぎ話を愛する人たちは皆、すでにそのことを知っています。バイエルンのおとぎ話のお城が、彼のミューズになったのです。ヨーロッパを旅したウォルト・ディズニーは、ノイシュヴァンシュタイン城を訪れました。バイエルン・アルプスの丘に立つその城は、まるでおとぎ話のお城のような美しさで、少女たちの憧れの的でした。その優れた外観、退廃的な装飾、壮大なアルプスの雰囲気から、バイエルン城はディズニーランド・パリの「眠れる森の美女」の城にインスピレーションを与えました。
  • ノイシュヴァンシュタイン城は、バイエルン・アルプスに位置し、第二次世界大戦中にナチスによって略奪された美術品を隠すために使用されたお城です。